out
 

FLORTE > 果物茶とは

果物茶とは


果物茶とは

果物茶(くだものちゃ)とは、材料がドライフルーツ、ハーブ、スパイスをブレンドしたお茶で果物がごろごろ入っているお茶になります。

弊社が販売するお茶のブランドFLORTE(フローテ)を以前までは果物茶ではなく「フルーツティー」として販売おりましたが、茶葉に香りづけをした「紅茶」の一種であるフレーバーティーと思われることが多くございました。しかし、実際にはフレーバーティーとは違う材料を使用したお茶であり淹れ方も異なるため、フレーバーティーとは違うお茶であることをより多くの方に知っていただきたい、という想いからFLORTEで販売するドライフルーツベースのお茶を「果物茶」とネーミングいたしました。

果物茶の位置づけ

以下ご覧いただけますと、「果物茶」と「紅茶」の違いについてより深くご理解いただけるかと思います。勿論お茶には様々種類がございますが、ここでは最も類似するお茶である「紅茶」と「ウェルネスティー(果物茶のカテゴリ)」に分けてご説明いたします。



フレーバーティーと果物茶の違い



【茶葉】
●果物茶は使用していません
●フレーバーティーは使用しています
【香り】
●果物茶は材料の香りが豊か
●フレーバーティーは紅茶に香りづけ
【色】
●果物茶は材料によって色が異なる
●フレーバーティーはほぼ紅茶と同じ色
【カフェイン】
●果物茶はカフェインゼロ
●フレーバーティーはカフェインが含まれています
【抽出時間】
●果物茶は長い。FLORTE(フローテ)のお茶は8分以上
●フレーバーティーは2〜3分


果物茶最大の特徴

最大の特徴はお茶に属しながら「ドライフルーツ」「ハーブ」「スパイス」を原材料として使用しているところです。

また、材料は乾燥した果物がベースです。多くの果物茶は果物とハーブ、そしてスパイスがブレンドされているので、材料によって味と効能が全く異なる特徴があります。果物は主に柑橘系、ベリー系、ピーチ系があり、ハーブは、ローズヒップとハイビスカスが主流です。果物だけでなく、ハーブからも美容と健康に嬉しい効果を期待できる飲み物です。

シーン別の楽しみ方





材料によって味が異なるため、そのときの気分、体調によって果物茶を選ぶ楽しさができます。エネルギッシュな気分は爽快なパンチが効いた果物茶、穏やかな気分はデザート感覚を楽しめる果物茶、調子がすぐれないときは、癒し系のお茶など、目的にあった違うタイプのお茶を体験できます。

ノンカフェインでヘルシー

果物茶の材料であるフルーツに含まれているビタミンやミネラルをはじめとした栄養素で、体の中から美肌やアンチエイジング効果を期待できるだけでなく、カフェインが全く入っていないので、睡眠の質を落とすことなく就寝前でも安心して飲むことができます。また過度な甘さが含まれていないヘルシーな飲み物であり、体がよろこぶお茶です。

いつでもフレッシュ

長く蒸らしても「苦み」や「えぐみ」は出ません。コーヒー、紅茶と違い、お茶を淹れた後、時間がたっても味を保つことができます。夏場は、2〜3時間抽出した果物茶を冷蔵庫で冷やすと、美味しくさっぱりした果物茶を楽しんでいただけます。

>FLORTE(フローテ)トップに戻る